ワンコイン・低価格

ワンコインでドリンクを購入できる100円均一自販機。オーナーとユーザーそれぞれのメリットとデメリットを説明、そのビジネス的なしくみや取り扱っているオペレーターも紹介します。

100円自販機・ワンコイン自販機設置のメリットとデメリット

100円自販機(ワンコイン自販機)は定価よりも安く飲料を販売するビジネスですが、メリットとデメリットを説明するにあたって、商品購入をするユーザーと小売をするオーナーとに分けて整理してみましょう。

ユーザーにとってのメリットとデメリット

メリットは標準的な自販機だと定価販売されている飲料が100円で購入できること。100円というワンコイン販売だと釣り銭の煩わしさも軽減されます。
ユーザー目線でいえば、デメリットといえる要素は特にないでしょう。

オーナーにとってのメリットとデメリット

メリットは自販機としての販売競争力が高くなるということ。近隣の定価自販機と比べれば、ユーザーの購買意欲をそそります。
周辺に100円自販機がなければ認知度アップにもなりますし、それがリピート醸成にも役立つでしょう。
デメリットは販売単価が低くなること。売上連動型で手数料を受け取る契約だと、定価販売よりは売上本数を稼がないと利益向上にはなりません。

100円自販機というビジネスが成立可能な理由

100円販売機を取り扱っているのは、メーカー系列ではなく独立系専業オペレーター。メーカー商品を100円で販売できる理由は主に3つあります。

  • 独立系オペレーターは、商品開発費や広告宣伝費がかかっていない商品を取り扱っていて、安価に仕入れることができる。
  • 賞味期限が3ヶ月を切った商品はコンビニが置かないためメーカーの過剰在庫となったものを仕入れる。
  • 飲料の中身は同じでパッケージだけが変わったメーカー滞留品を安く仕入れる。

このような仕入方法によって100円自販機でも利益を確保できるわけです。商品自体はメーカー製品なので、もちろん品質に問題はありません。

100円自販機を取り扱っているオペレーター

100円自販機を取り扱っているオペレーターの中から3社を紹介します。

近畿ベンディングサービス

100円均一やルーレット付きなど、集客効果が高い自販機を取り扱っています。オーナーに対して安定収入となる固定フィーシステムを採用しているのも大きな特徴です。

オプシード

100円均一だけでなく100円以下で販売する自販機もラインナップ。売上の一部を子ども食堂の支援に活用しているのも好感を与えます。

スーパードリンク(タカラ開発)

100円自販機に加えて缶飲料は50円からの販売もできる自販機を提供。複数メーカーの過剰在庫を仕入れるとともに、自社ブランド商品も持っています。

Support
大阪で自動販売機ビジネスを
サポート

独自の特徴を持つ
設置事業者3社
2021年4月1日調査時、「自動販売機設置 大阪」でGoogle検索上位表示、または検索数の多い業者・メーカー21社から、独自の特徴を持つ3社を紹介。
「固定型報酬」は、スタート時に固定型のみ採用している事業者、「募金&寄付つきの自販機」は、その詳細を公表している事業者を紹介しています。