ネオス

ネオスで自動販売機を設置するメリット

ネオス公式サイト引用元HP:ネオス公式サイト
https://www.neos-corp.jp/

ネオスの自動販売機は主要メーカーの人気商品を販売データによって柔軟にラインナップできるのが大きな特徴。対応エリアが全国で、特定メーカーに偏ることもなく、広く販売データを解析しているため、設置ロケーションや季節・気候、新商品動向といった複数要因に基づいた定期的な商品入れ替えができるというわけです。
また、サントリーやアサヒ飲料など大手メーカーの自販機も取り扱っていて、複数台設置する場合は異なる自販機を置いてみるのもいいでしょう。

展開している自動販売機の種類と特徴

  • 販売データのフィードバックにより複数メーカーの人気商品を構成するネオスパートナー機
  • ヒートポンプ機能や学習省エネ、LED照明などによる省エネ仕様
  • カードリーダー搭載機やユニバーサル仕様の自動販売機も取り扱いあり
  • 大塚・サントリー・アサヒ飲料・キリン・ポッカサッポロの各メーカー自動販売機の取り扱いあり

扱っている飲料の種類・メーカー

  • ペットボトル、缶、ビン、紙パック
  • 伊藤園、大塚、サントリー、アサヒ飲料、キリン、ポッカサッポロ、UCC上島珈琲、富永貿易ほか

設置の流れ

  1. 問合せ/電話または公式サイトで受付
  2. ※設置までのプロセスについて、公式サイトには情報がありませんでした。
  3. 設置/設置は専門業者が対応、日時は事前相談あり

設置後のサポート

  • 釣り銭補充・集金/ネオスが対応
  • 商品補充/ネオスが対応
  • 空き缶などの回収/ネオスが対応
  • 清掃/ネオスが対応
  • 売上管理/ネオスが対応
  • 自動販売機メンテナンス/ネオスが対応
  • トラブル時(故障や盗難など)/ネオスが費用負担(修理業者を手配)

費用・手数料

  • 設置にかかる費用/すべてネオスが負担
  • オーナーに支払われる手数料/ネオスの営業マンが現地確認後、売上見込みや周辺環境によって提案

大阪での設置事例

公式サイトには情報がありませんでした。

大阪の自動販売機設置会社「ネオス」とは

ネオスの株主は伊藤園と大塚ウエルネスベンディング。メーカーとのつながりが深いことにプラスして、上で紹介したように、この2社以外の飲料商品もラインナップしているなど、飲料ビジネスにおける優位性があるのは確かでしょう。
主な取引先は鉄道各社や官公庁、私立大学などとなっていて、実績はかなり豊富。オフィスグリコや無人コンビニなど法人取引に強いのも特徴です。

ネオス株式会社の基本情報

  • 本社所在地/東京都江東区亀戸1-42-20 住友不動産亀戸ビル4階
  • 実績(創業年)/1985年5月
  • 対応エリア/全国
  • 業務内容/自動販売機を通じた各種飲料水及び食料品の販売、自動販売機の保守管理、上記に付帯関連する業務
Support
大阪で自動販売機ビジネスを
サポート

独自の特徴を持つ
設置事業者3社
2021年4月1日調査時、「自動販売機設置 大阪」でGoogle検索上位表示、または検索数の多い業者・メーカー21社から、独自の特徴を持つ3社を紹介。
「固定型報酬」は、スタート時に固定型のみ採用している事業者、「募金&寄付つきの自販機」は、その詳細を公表している事業者を紹介しています。